読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はびより

ミニマリストの日常

最も付き合いの長い持ち物

持ち物

よりよいモノに囲まれて生活したいと持ち物を吟味し、たとえまだ使えるものであっても買い換えを行うこともある日々です。そんな中、おそらく僕が持っているもので一番古い持ち物がこれです。 

f:id:herbie14:20141110213454j:plain

ふでばこです。

小4のときから使い続けているので、とんでもなく長い付き合いです。少しぐらい破れたとしても補修しながら使い続けてきました。

そもそもこれ、今ではベージュに見えますが、最初は深紅の布みたいなやつに下半分がおおわれていたツートーンのふでばこでした。何か特別思い入れのあるものというわけではないのですが、手放せません。

手に入れた経緯はむしろ思い出したくないようなもの。お祭りでよく見かける“紐くじ”ってわかりますか?巨大なガラスケースの中の大量の商品にひとつひとつロープがつないであって、紐をひっぱって持ち上がった商品をもらえるというやつ。

あれを2回引いていいよと言われ、わくわくしながら引きました。当然ガラクタな商品も並んでますが、2回引けるんだし1個ぐらいいいやつ当たるだろうと。

1本目。

黒のシンプルなふでばこが持ち上がりました。

2本目。

 

ベージュのシンプルなふでばこが持ち上がりました。

今となっては笑い話にできますしこれ以外のふでばこを使うなんて考えられませんが、当時小4の男の子にとってはもうトラウマです。ふでばこ2個て……。

そのときに引いたうちのひとつ、ベージュのふでばこを今も使い続けています。もう17年の付き合いです。あれ以来、お祭りで紐くじはやっていません。いつかリベンジしたいです。