読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はびより

ミニマリストの日常

スマホからガラケーに戻したいor携帯料金削減したい人へ・前編

携帯

僕の特技は人の携帯料金を削減することです。趣味でもあります。というかもう生きがい。キャリアの言いなりになって高い料金を払ってる人を見ると、いてもたってもいられなくなります。

ということで今日は、スマホを使っているものの料金の高さから「ガラケーに戻したい!でも不便にはなりたくない!」という方に向けて、携帯料金を安くしつつ快適さを失わない方法を紹介します。

※ドコモの話ですが、他のキャリアも似たようなプランなので参考になる部分もあるかと思います。

まずはじめに断っておくと、この方法はガラケーとスマホ(タブレット)の2台持ちになります。理由は、端末によって“通話”と“ネット”を完全に分けるためです。スマホからガラケーにただ戻すだけでも月の利用料を下げることはできますが、一旦スマホを使い始めてLINEなどを利用するようになるとそこからガラケーだけにしてしまうのはなかなか難しいですし、ガラケー1台より2台持ちのほうが安くできます。

現在の僕の携帯料金【ガラケー+タブレット】

僕のガラケー料金がこんな感じ。 

f:id:herbie14:20170327074910p:plain

docomoのガラケー360円。これには無料通話分1,000円分が含まれているので、通話が1,000円を超えない限りはこの金額のままです。だいたい余らせて繰り越しています。これに、タブレット(スマホ)で使用しているSIMカード975円を加えて、1か月計1,335円です。※SIMカードについては後述。

これで通話25分程度、ネット通信量2GB分が使えます。なお、docomoのガラケー料金は端末購入から2年間利用料が630円引き(月々サポート)になっているので来年には1,000円に戻りますが、それでも2台で2,000円超えません。

これは僕があまり通話をしないプランにしているからですが、たくさん通話するという人でもガラケーなら通話定額で2,200円のプランに申し込めるので、【通話し放題+2GB】で1か月3,000円ちょいです!すばらしい。

と、おおまかな到着点を示したところで、どうやってここにたどり着くかの説明に入ります。

スマホをガラケーに戻す

「どうやってって、家にある使ってないガラケー持ってショップ行くだけでしょ?」と思われるかもしれませんが、キャリアとしては客にスマホを使ってほしいのであって、スマホからガラケーに戻そうというやからには数々の罠や障壁が待ち構えています。

僕が1年前にスマホからガラケーに戻そうとしたときは徹底的に調べまくって、時にはショップのお姉さんに「こんなやり方があるんです」とこっちから説明しながら行いました。

(1)ベーシックプランではなくバリュープランに申し込む

ドコモのガラケープラン(FOMAプラン)には「ベーシックプラン」と「バリュープラン」の2つがあります。バリューはベーシックの半額プランなので当然バリューに申し込みますが、バリュープランは新しく端末を購入したときでないと申し込めません。

そのため家にある古い端末を持ち込んでそれを使うという方法をとると、料金の高いベーシックプランで使うことになってしまいます。実際には購入なしで申し込む方法もあることにはあるのですが、少し例外的な方法で万人に進められるものではないですし、端末は今後ずっと使うものですからここは素直に新しい端末を買いましょう。

気になる方は、【持ち込み バリュー化】等で検索してみてください。ただ、古いガラケーって案外バッテリーもたなくなって使えないということも多いですので新品が快適です。

ということで、まずは『新しい端末を購入する必要がある』ということを覚えておいてください。

(2)端末購入時に月々サポートを適用させる

ドコモでは端末を購入する際、「月々サポート」という名の割引があります。端末が3万円だとしたら、最初の2年間利用料金から一定額が割引され実質1万5千円で買えるみたいなもので、上に書いていた2年間630円引きというのはこのことです。

しかしここにも壁があります!

この月々サポート、スマホからガラケーへと変更する人には適用されません。適用されるのは、スマホからスマホ、ガラケーからガラケー、ガラケーからスマホ、の3パターンだけなのです。なんとしてでもドコモはスマホからガラケーに戻してほしくないのです。

古いガラケー持ち込みだとバリュープランに申し込めないし、ガラケーを購入しようとすると月サポが付かない。がんじがらめです。そのため、新しく購入するガラケーに月々サポートを適用させるためには【スマホ→家にある古いガラケー(ベーシックプラン)→ガラケー(購入してバリュープラン)】という2段階の流れをへて契約を進める必要があります。

これをショップで申し込もうとしたところ面倒に思ったのか、「スマホから直接ガラケー購入で、月々サポートも付けます」という申し出がありました。最初っからそれでいいのに……。

※追記!!!!!

ドコモの月々サポート適用条件が変更され、2015年7月以降、この方法が使えなくなりました。具体的には、このような条件が追加されました。

※1 2015年7月1日(水曜)以降、2014年9月以降に発売された機種を過去6か月以内に「機種購入手続きがなされている回線」、「XiからFOMAへの契約変更がなされている回線」で購入の場合、本割引の対象外です。

https://www.mydocomo.com/onlineshop/campaign/campaign_detail.html?campaign_code=monthlyより引用

XiからFOMAへの契約変更を行っている場合にも対象外とされているため、ガラケーを持ち込んでベーシックプランにした後すぐ新しい端末を購入しようとすると月々サポートが付かなくなってしまいます。

そのため今後は、『月々サポートをあきらめて定価で購入する』か『6ヶ月間はベーシックプランで運用したあとに端末を購入してバリュープランにする』という方法をとることになります。

タイプSSであればベーシックプランは1000円増なので、月サポが適用される半年後に機種変するとなれば6000円の出費増加ということになります。端末にもよりますが、月サポは約1万5千円分の割引ですので、通話が少ない人は『半年はベーシックプランで我慢して、その後端末購入で月サポ適用』が良いかと思います。

SS以外のプランを検討している方は、6ヶ月で増加する分と月サポで割り引かれる料金を比較して、安い方で進めてください。

しかーし!!!ここで「やったー(^^)」となって申し込んではいけません!さらなる罠が待ち構えています。

(3)端末購入はドコモオンラインショップで

端末の価格はどこで購入しても一緒ですが、ドコモショップで購入しようとすると端末代とは別に頭金がかかります。僕の住んでいる地域では、ヤマダ電機やケーズデンキなどの家電量販店でも頭金がありました。

こんなちまちま計算している私に、端末代と別に頭金を支払うなどありえません!ここで唯一頭金不要で購入できるのがドコモオンラインショップでの購入です。もちろん金額は同じで送料もかからないため、結果的に一番安く購入できます。僕は開け閉めするとき、折れ曲がるところがカチカチいわないのが好きです。

f:id:herbie14:20170327075007j:plain

まとめ

以上のことから、まずはドコモショップに古い手持ちのガラケーを持ち込みスマホからガラケーにベーシックプランで契約変更をするところまで行い、その日のうちにドコモオンラインショップでガラケーを購入して同時にバリュープランに変更するという流れが一番良いと思います。

※追記

2015年7月以降は、ガラケーへの契約変更後、6ヶ月の期間をあけて新しいガラケーを購入する必要があります。月サポ適用部分に記載の追記も合わせてご確認ください。

ショップでXiからFOMAへ戻すときには手数料として3,000円がかかりますが、それ以外には特に必要なお金はありません。ほとんどの方は2年縛りで契約しているかと思いますが、変更後のガラケープランでファミ割Max50等の2年縛りプランに入れば違約金も発生しません。

なお、僕はiモードやパケットを一切付けない通話のみのプランで運用していますが、キャリアアドレス(~@docomo.ne.jp)を継続して使いたい場合には+700円程度で残せるので、そこは各人で判断していただければと思います。

僕はこのときにキャリアアドレスも捨て、Gmailだけにしました。元々ガラケーしか使っておらず、たまに電話とメールのみという使い方の人にもキャリアアドレスを捨てることをおススメします。

おまけ

メールはショートメール(SMS)があるので問題ありません。1往復3円(送信に3円)なので、1か月のメールのやり取りが240往復以下であれば捨てたほうが安くなりますね。

後編では、残ったスマホを格安で使えるようにする方法を紹介します。

※後編

スマホからガラケーに戻したいor携帯料金削減したい人へ・後編