はびより

ミニマリストの日常

初めて物を減らしたいと思った人に使ってほしい捨て基準3段階

まず最初のスタートは、「いるかいらないか」です。

これは簡単ですね。

 

家にあるものを片っ端から、「いるかいらないか」で判断して「いらない」ものを処分していきます。

 

必要な人に譲ったり、リサイクルショップに売ったりすれば、部屋が片付く上に感謝されたりお金になったりと良いことづくめです。

 これだけで劇的に部屋が片付くということはないと思いますが、自分がたくさんの物に囲まれていることを実感できます。

助走です。

f:id:herbie14:20141119184443j:plain

 

次に持ち出す基準は、「使っているか使っていないか(今後使うか使わないか)」です。

 

ここがメインです。

 

最初に「いる」と思って残していたものも、「じゃあ今使ってる?今後いつつかう?」と考えてみると、やっぱりいらないんじゃないかと思うものがたくさんでてきます。

 

例)

A「この服いる?」

B「いる」

A「最後に着たのいつ?いま全然着てないよね?今後着ることある?」

B「・・・着ないかな」

A「処分っっ!!!!」

 

こんな感じです。

 

これにはかなりの時間がかかります。

 

少なくとも1度目にはいると思ったものだし、今後使うかなんて分からないものもありますからね。

 

しかしこれをひとつずつやっていくと、劇的に物が減っていきます!

全体的にやっていくんじゃなくて、1部屋ずつとか1ケースずつとか狭い範囲を決めてやるのがいいです。

 

全体的にやると効果が実感しづらいですが、範囲を決めてやって「この部屋だけめっちゃ片付いた!」みたいに思えると、モチベーションも上がります。

 

 

この2つ目の基準までで、ほとんどの方は十分に快適な部屋を手に入れることができると思います。

ここでやめても全く問題ありません。

 

「まだ物足りない」「もっと減らしたい」という方は3つ目の基準に進みますが、ここまで進むと、後々後悔したり、逆に快適さを失ったり、捨てることが目的になって何がやりたかったのか分からなくなるなどの弊害がでてくることがあります。

f:id:herbie14:20141119184605j:plain

気をつけてください。

 

 

3つ目の基準は、「迷ったら捨てる」です。

 

2つ目で判断しているときも、迷いに迷って残したものや、明確にいつ使うかは分からないけど残したもの等があると思います。

 

それを処分します。

 

簡単です。時間もかかりません。

なんせ迷った時点で捨てなければならないので。

 

僕自身、すべての物に対してこの基準を当てはめているわけではありませんが、今までは何の疑問も持たずに所有していたものが意外といらないものだったり、ないと困ると思っていたものが他の物で代用できたりなど、色々な発見ができます。

 

多少困ってもなんとかなるし、物がないことの快適さを知ってしまうと後戻りできませんよ。

 

ここで間違ってはいけないのは、物を減らしたいから捨てるんじゃなくて、快適さを求めて捨てるということです。

僕はいま実家住まいなので洗濯機を捨てることはできませんが、一人で手洗い洗濯をしていたことがあります。

 

洗濯機をなくすのが目的ではなく、手洗いの方が早くて衛生的だと思ったからです。

その日に着たものをその日のうちに洗ってしまえるので、濡れたタオルを洗濯機の中に放置することもないし、1日分の量なら洗ってすすいで絞って干すまで20分です。

絞る時に腕の筋トレもできます(/ロ゜)/

まぁ、すすめませんが。

 

 

ということでみなさんも、この3基準を使って、レッツミニマライズ♪