読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はびより

ミニマリストの日常

私服の制服化による最大のメリット

ツール

昨日の記事で、自分の洋服をすべてカウントしました。

 

全く同じシャツを3枚持つことで、着る服に悩むことがなくなりました。
 
天気や季節によってズボンが変わりますが、ほぼ毎日同じ服装です。
明日も、一週間後も、一年後も、おそらくあの白シャツです。
 
これによるメリットとはいったい何か。

悩まなくて済むとか、服の数が少なくて済むとか色々ありますが、最も威力を発揮するのは「試着」です。

 
いろんな服を持っていると、試着時に確認できるのは、その日に着ている服に合うかどうかだけですよね?
サイズとかは確かめられますが、家にある他の服との組み合わせなんかは想像するしかない。
 
その点、毎日同じ服装をしていれば着ていった服に合わせるだけです。
ズボンを買うのもコートを買うのもバッグを買うのも合わせるのが楽ちん。
 
毎日同じ服装というのは極端にしても、服を買うときは、「買いたい服に合わせる予定の服装で行く」というのは大切だと思いますね。
 
高校の頃、通学バッグを買うために制服で出かけたことがあるんですが、「何で日曜に制服着てんの」と理解されませんでしたね。
通学バッグなんだから制服に合わせて選ぶのが一番失敗しないと思うんですけどね。
 
 
 
まぁ、服めったに買わないんですけど。
 
買ったとしても、今持っているやつと同じものをまた買うだけですけど(・∀・)