読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はびより

ミニマリストの日常

「安いから」と「必要だから」をうまく使い分けて買い物上手に

ミニマリストに限らず、買い物をする際に「安いから」で買ってしまうと失敗の元になります。僕も今までに「安いから」といって買ったものが、結局一度も使わずゴミとなってしまったというような経験が何度もあります。「安いから」で買ってしまうと必要ないものまで買ってしまうんです

f:id:herbie14:20141221012136j:plain

物を買うのは「安いから」ではなくて、「必要だから」買わなければならないんですよね。
『本当は一つでいいんだけど、まとめて買うとお得だしどうせ使うものだから多めに買っておこう』といった思考で行われる買い物は、よほどしっかりと考えた上のものでない限りまず失敗すると思っていた方がいいです。
 

 では、「安いから」という買い方が一切不要かというとそうでもありません。

条件を満たすものが複数あり、その中から買う物を選ぶという状況では、「安いから」という選び方が自分を冷静にさせ、余計な出費を防いでくれることもあります。
たとえば、今僕はパソコンの買い替えを検討していて小さめのノートパソコンが欲しいと思っているんですが、はっきり言ってパソコン高すぎです。MacBookAirかっこいいなーと思ってたけど10万近くするし、どうせ10万出すならもう少し出してProにしようかと誘惑されるし、WindowsはWindowsでSurfaceも10万コースだし、安いWindowsなら買い替える意味なさそうだし。
今のパソコンの不満点は、最近とにかく挙動が不安定でよく動かなくなっちゃうし、電源入れてから立ち上がるまでがとんでもなく遅いことです。いつ使えなくなるか不安。
用途としては、「ネット」「ワード」「写真の保管編集」「ブログ」程度なのでスペックはそこそこで十分です。というわけで選択肢に入ってきたのがChromebookです。何者なのかよく分からない点もありますが、価格は3万円代です。徹底的に調べ、一応自分の用途では困ることがないということと立ち上がりの早さは理解しました。今の僕にはこれでも大きな金額ですが、10万円だと思っていたことからすれば破格の値段です。Macと比べると所有欲なんてまるで満たしてくれないだろうし、正直欲しいのはMacです。ただ、Chromebookで全ての用途は満たしてくれる。ここで初めて、「安いから」を持ってくるわけです。この状況では何かしら歯止めをきかせないと、Mac買っちゃうんですよ。そこでの歯止めが「安いから」という言葉。本当に自分の用途に対して3万のやつじゃなくて10万のが必要なのか、一度冷静になることができます。そうすると落ち着いて「安いから」3万の方を選ぶことができます。(実際にはまだ買いませんが...)
 
このように、基本的には買い物は「必要だから」で行いますが、必要なものが複数並んでいてそのどれを選んでも用途を満たすことができる場合には、「安いから」を使って冷静になり出費を抑えることも有効です。
 
ぜひ「必要だから」と「安いから」をうまく使い分けて買い物上手になりましょう。