読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はびより

ミニマリストの日常

【改造】最適なボールペンを求めて

みなさんはどんな筆記具を使っていますか?万年筆や鉛筆など様々な筆記具がありますが、最もよく使われているのはボールペンだと思います。

それぞれ自分の気に入ったペンがあると思いますが、「もう少し持ちやすかったらな」とか「インクの出方が気になるな」など、どこか不満な点が出てくることも少なくないと思います。

そんな方にぜひお勧めしたいのが、『ボールペン改造』です。改造と言ってもそれほど大げさなものではなく、ほんの少し工夫するだけでペンの使い勝手が劇的に改善されることもあります。

まずは僕が使っているボールペン2本を紹介します。

f:id:herbie14:20170327080125j:plain

ぱっと見は普通ですね。

ペン先カチカチ問題

ペンで文字を書いていると、ペン先が微妙にカチカチと言ってうるさい事がありませんか?ペンが出てくるところにほんの僅かな、0.1ミリとかいうレベルですき間が開いていることが原因なのですが、これ意外と多いです。

そんな時は、中のリフィルにテープを1周巻いてあげるだけで、ペン先がぴったりとフィットするようになって書き味がぐっと良くなります。僕の場合、右に写っているパワータンクがこの症状を持っていました。

f:id:herbie14:20170327080257j:plain

矢印のところに、セロハンテープが巻かれているのが見えるでしょうか?

f:id:herbie14:20170327080352j:plain

これでペンが出てくる穴のすき間にぴったりとフィットするようになります。

軸とインクの好みばらばら問題

万年筆では、コンバーター式のものであれば本体のメーカーに関わらず自分の好きなインクを自由に入れることができます。

これに対してボールペンの場合、インクとペン軸は同じメーカーのものでなければ使えないと思われている方が多いのではないでしょうか。確かにメーカーごとにリフィルの形は違いますが、意外と別メーカーの軸に入れてもぴったりと収まることがあります。

写真左に写っているペンはゼブラの「サラサ」です。

f:id:herbie14:20170327080449j:plain

しかし、中に入っているリフィルはぺんてるの「エナージェル」。 

サラサのペン軸は、100円前後で購入できるボールペンとしては抜群の性能を誇ります。その作りの良さに加え、入れることのできるリフィルの種類が非常に豊富です。

特にグリップ部分がすばらしく、使っていくうちによれて”浮き”がでてきたりすることがありません。このゴム部分が取り外せるようなペン軸だと、次第に緩くなってきてグリップがぶよぶよしてきます。 

これほど優秀なペン軸を持つサラサですが、使われているインクが僕とはいまいち相性がよくありませんでした。ペン先がどうしてもひっかかる感じがするんですね。サラサは本体だけに限らず、インクも優秀で評価も高いのですが、僕にはどうしても合いませんでした。

そこで候補に上がったのが、現在中に入れて使っているエナージェルのリフィルです。このインク。ペン先の滑りや書き心地、インクの乾きに至るまで、僕の希望を完璧に満たしてくれるリフィルでした。しかもサラサのペン軸にジャストフィット。むしろ最初に入ってたリフィルよりピッタリなんじゃないかと思うぐらいでした。

いまでは僕の一番の相棒です。

この、軸とリフィルの組み合わせというのはとにかく奥が深いです。今回紹介したのは一例に過ぎず、以前はリフィルを切って長さをそろえたりテープを何周も巻いて太さの調整をしたりなど、自分の好みの軸に好きなリフィルを入れるため、ありとあらゆる手段を使っていました。

今では大掛かりな改造をすることは無くなってしまったんですけどね。

当時特に盛り上がりを見せていたのは『ジェットストリーム』『ラミー』です。

ジェットストリームはなめらか油性インクのトップを走る大人気ボールペンですが、軸がとにかくダサくて持ちにくいと不評でした。今でこそ高級路線の軸なども出てきて選択肢は増えてきているものの、当時の100円軸はとても使う気になれない白物でした。インクは完璧なのに軸がダメ。そこでこのリフィルを、いかに他の軸で使うかということが研究されていたんです。

ちなみにサラサには無改造でそのまま入れることができます。

そしてもうひとつがドイツの人気筆記具メーカー「ラミー」。万年筆の他にボールペンもあるのですが、こちらは軸の人気とは反対にインクがいまいちぱっとしません。そのため、この軸にいかに自分の好きなリフィルを入れ込んで使うかという研究が進められました。インクは決して使えないというわけではありませんが、とにかく替えのリフィルが高いんです。

以前は、ラミーの軸にジェットストリームのリフィルを入れたペンをよく使っていました。

グリップ改造

これは万人に勧められるものではありませんが、『長時間の筆記を行う』または『手汗をかきやすい』という人に是非試して欲しい改造です。

大抵のペングリップはゴムでできており、僕が現在愛用しているサラサのグリップもゴムグリップです。これは通常であればすべり止めの効果を発揮し筆記に対して有効ですが、手に汗をかくほどの強度な筆記状態に置かれた場合にはどうしてもグリップ力が落ちてしまいます。

これを改善させてくれるのが、『スポンジグリップ』です。

これに付け替えるだけで、筆記時の汗に対して抜群の効果を発揮します。とにかく滑らない。長期間使っているとどうしてもヘタリがでてくるので定期的な交換が必要ですが、筆記ストレスを大きく軽減してくれること間違いなしです。僕も大変お世話になったアイテムです。

 

以上、最高のボールペンの作り方でした。