読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はびより

ミニマリストの日常

オートのリバティでちょっとだけリッチなペン生活。

持ち物

ボールペンのインクの改良は目覚ましいものがあり、ゲルインクや油性インクなど各社魅力的なインクが揃っています。そんな素晴らしいリフィルが1本100円以下で手に入れられるという恵まれた環境ではあるものの、そのインクを入れる本体がどうにも気に入らないということが多々あるのです。

お金を出せば見た目、かき心地ともに満足のいくものを見つけることはできますが、リーズナブルにある程度満足のいくものを見つけるのはなかなか難しい……。そんな人におすすめしたいのが、オートの『リバティ』というボールペンです。

f:id:herbie14:20150705213139j:plain

色はブラウン。写真よりも実物はもう少しツヤがあってピカピカしていますが、決して下品な感じはなく、人前や仕事で使うときにも変に悪目立ちすることはありません。

それでいて安っぽさも感じることもなく、ずっしりとした重量感と相まって満足感はすこぶる高いです。1本しっかりとしたペンを持ちたいという人にはうってつけだと思います。

価格は1,000円前後。

f:id:herbie14:20150705213159j:plain

控えめについているゴムグリップも、指に適度にくいついて非常に書きやすいです。

使えるリフィルが豊富

リバティの純正リフィルとしては水性・ゲル・油性・筆ペンと豊富に用意してあり、インクの評判も良いです。リフィル自体も高級感があります。

f:id:herbie14:20150705213222j:plain

ただ、リバティの良さはそれだけではありません。純正以外に使えるリフィルが本当に豊富なのです。

いわゆる「300系」といわれるサイズのもので、シグノのRT1をはじめエナージェルやSARASAなど他社の人気ゲルインクも使うことができます。「インクは気に入っているんだけど本体がどうも……」という方はぜひ自分のお気に入りのリフィルをこのリバティにいれて使ってみてください!

とは言うものの、僕は純正の水性リフィルに惚れてしまって純正を使っています。最初はお気に入りのエナージェルに入れ替えて使おうと思っていたんですけどね。少し高めですがしょっちゅう交換するものでもないので。

ただ最近は水性インクが心もとないときがあるので、油性インクに変更しようかと悩み中。

 作りが精巧でストレスフリー

このペンで最も気に入っている部分と言っても過言ではありません。 

f:id:herbie14:20150705213254j:plain

キャップやペン先などあらゆる部分でがたつきが皆無で、キャップを開ける~お尻に指す~文字を書く~キャップを閉めるという一連の動作中に全くストレスを感じません。

安い本体やプラスチックのものだとペン先などに微妙にすき間があり、字を書くときに「かちゃかちゃ」とした音が出たりするものがありますが、リバティでは皆無。精密さをビシバシ感じます。

herbie14.hateblo.jp

注意点

僕が使っているリバティの型番はCB-10GLというもので、これはひとつ古いモデルになります。新しいモデルはCB-10NGLという型番になりますが、おすすめは旧型です。

Amazonのレビューでも新型に関しては重量バランスに関して否定的な意見が多いですが、これは好みの部分があるので何とも言えないかと思います。僕自身は両方試したことがあり、旧型が好みでした。

それよりも一番の違いはおしりの部分で、新型は装飾が施されていますがこれは圧倒的に旧型の方が良いと思います。何もない装飾のない旧型の方がシンプルでカッコいい。

ペン本体でお悩みの方、一度お試しあれ。