はびより

ミニマリストの日常

ゆるゆる話。出来事はハードだけどね。

あれ?もう夏終わっちゃうのかな?という雰囲気が流れ始めたような気がする今日この頃。

日中の日差しがこころなしか弱まってきたような気がします。

 

さて、そんな8月中旬ですが、とうとう遭遇してしまいました。

 

はい、『G』です。

 

僕がミニマリストやってるのは、Gに遭遇したくない・仮に遭遇しても最小限の被害におさめたいという気持ちからみたいなもんでして、いかに奴らを寄せ付けないか・死角を減らすかという目的のために物を減らしていると言っても過言ではないのです。

 

ちなみに僕はGのことがそれはそれは苦手でして、高校生のころ、カーテンにとまっていたヤツが急に羽ばたいたことにビビりすぎて部屋の柱に膝をおもっくそ打ち付けて大流血するという重傷を負ったことがあるくらい苦手です。

たまにしか開けない扉なんかをあける時は、数回ノックして、「もし何かいたら君たち今のうちに隠れなさいよ。開けるからね」という意思表示は欠かしません。

 

 

で、今回は遭遇したと言ってもすでに死体となっている状態だったのでそれほど対応に困ることはありませんでしたが、目にしてしまった時の絶望感といったらもう。

死んでいたのはおそらく、夏の間使っている蚊取りスプレーの効果かと思います。

herbie14.hateblo.jp

これは成分が壁に付着して効果を発揮するタイプですので、歩きながら息絶えたのではないかと。

 

 

処理したあとは、盛大な大掃除の開始です。

 

もともと部屋はきれいに保っているつもりですが、ひとつひとつ持ち物を見直し、不要と感じたものは捨て、より一層死角の除去にあけくれました。

さらに、いつもより濃い目につくったハッカ油スプレーで床や壁を拭きあげ、換気扇や玄関まわりなどには直接スプレーで侵入を拒み、徹底的にきれいにしていきました。

 

 

思ったより散らかっている部分もあったし、結果的に部屋全体がすっきりとしたので良かったかなと思います。

もう見なくていいけどね。

 

もう見ませんように。