読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はびより

ミニマリストの日常

ハービーの熊本弁講座【2回繰り返すやつ】

仕事で東京に出てきてからもうすぐ1年がたちます。僕は生まれも育ちも熊本で、東京にいる人と話すときも基本的に熊本弁です。敬語だとバレない。バレないというか、敬語だと熊本にいても標準語なので、東京にいても言葉を意識することはありません。

ところで、よく九州の言葉で「おっとっと、とっとっと?」みたいな感じで、同じ言葉を繰り返すやつあるじゃないですか?

もうこれ聞き飽きたし、これ以外にもいろいろあるなーと思って、考えてみました。

『食べたいたい』(たい×2)

はい、これは「食べたいじゃないのよ!」です。使い方としては、『そぎゃんこつ言うたって食べたかもんは食べたいたい』というふうに使います。意味は「そんなこと言ったって、食べたいものは食べたいに決まっているじゃないか」です。体にあまり良くなさそうなジャンクフードを食べるときに使います。

『行けんけん』(けん×2)

こちらは「行けないから!」です。主な使い方は、『たぶん行けんけん、待っとかんでよかばい』。意味は「たぶん行けないと思うので、待つ必要はありません」となります。お誘いされたけど行きたくないときに使えます。

『ヤバいばい』(ばい×2)

ばい、というのは典型的な熊本弁ですね。語尾に付けるものですが、さすがに東京ではあまり使いません。ちなみに僕は熊本のなかでもとびきり田舎に住んでいて、小学生のときに市内に住む友人に「〜〜ばい!」と言ったら「ばいがすごい(苦笑)」みたいな反応をされたことがあります。熊本でもごりごりに使う人は限られるのでしょうか。

見出しの意味は「ヤバいよ」です。『ちょ、お前それヤバいばい』などのように、ヤバいケガをしている友人に、事の重大さをわからせるときに使います。

『こんど会うど?』(ど×2)

意味は「今度会うよね♡」。

 

終わり。