読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はびより

ミニマリストの日常

明るい執着

東京に出てきて1年ちょっと。家を出るときには想像もしてなかったような、ステキな出会いにたくさん恵まれています。

これまであまり人と遊び回るということをしてこなかった反動からか、週末は誰かしらと会っていることが多く、何も予定がないとそわそわしてしまうほど。数年前の自分とは正反対と言ってもいいかもしれません。「今までよく平気だったな」と思うぐらい、しばしば寂しくなっています。

とはいえ、今も一人で過ごすのは好きだし、ぐいぐい来られるのは苦手だったりもするのですがね。

 

先日は、平日に休みができたので京都へ日帰り旅行に。「ピクニックしよう♪」と、すみれさんみうさんに声をかけ、南禅寺に始まり鴨川周辺を歩き回ってきました。外で過ごせるぐらいのちょうどいい天気だったので、はだしになって芝生に寝転び、プチヨガも。これがとっても気持ちよかったです。

他にも本を交換しあったり、ブログの話をしたり、恋バナしたり。6時すぎに家を出て23時着というハードな一日だったけど、心地よい疲労感でぐっすり眠れました。

 

こういった交流が今はとても楽しく、ずっと続けばいいのになーと思うこともあります。もちろん、自分の環境が変わったり相手との関係性が変わったりすればそういうわけにはいかないんだろうけど。でも、もっと仲良くなりたいなとか、相手のことを大切にしたいなと思うことがあると同時に、ふとそれがなくなってしまうときのことを考えることも。

ちなみに今回『執着しないこと』っていう本をもらいました。最近の僕のテーマは“執着”で、人との距離感だったり気持ちを伝えることのバランスだったりを考えることが多いです。好意を伝えるのはいいと思うけど、どのくらい言っていいのか。あまり強すぎるのもよくないんじゃないか。いきすぎると、相手にも同じように求めてしまうようになるのではないか。などなど。

頭で考えるぶんには、そこそこいい感じにバランスを取れるようになってきた気はしますが、根は執着心が強いと思っているので、もっとフラットになりたいなーと。

「友達だったら何も考えなくてよくない?」「なるようにしかならないよ」という気持ちもありつつ。

おやすみ。