読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はびより

ミニマリストの日常

ブログを書くときの些細なこだわり

今日は、ブログを書くときに僕が意識していることでも書いてみようかと思う。最近はもっぱら日記がメインで、お役立ち記事みたいなものは皆無、サブタイトルを「ミニマリストの日常」とはしているものの、取り立ててミニマムな話題を盛り込んでいるわけでもない。

まずはタイトル。あまのじゃくなのか、読む人の興味を引くようなタイトルを付けたくないみたいなとこがある。まったく関係ないタイトルではないものの、記事の中身がわからないようなタイトルを付けたくなるのだ。

自分でも、タイトルを読んで記事を読むか読まないか判断することはあるからタイトルが大事だということは分かってるし、 せっかく書いたのだからたくさん読んでほしいという気持ちはあるんだけどね。いかにもって感じのタイトルは気恥ずかしくなってしまう。ブログを始めたばかりのころ、特にお役立ち記事なんかではわかりやすいタイトルのやつも多いけどね。

あと、最初のころやってて最近やってないのが見出しをつけること。

書く内容にもよると思うんだけど、なんというか、最初から最後までをひとつの固まりとして読んでほしいのです。これは引っかかりがある部分をなくすというより、文章じゃない部分で中身を知られたくないという感じ? タイトル付けるときの気持ちと似てるかも。これすごいニュアンスが難しい。自分でも、よくわかってないし。「文章ですべて伝えたい」じゃなくて、「ひとかたまりなら見出しはノイズ」って感じかな?全然違う気がするねぇ。

それから、この文章でも普通に使ってるけど、「~だが、」「~だけど、」みたいな逆接の接続詞をできるだけ使わないようにしてる。これは、僕の好きなブログがあまりこれを使っていないという単純な理由から。すこーーしだけ、ネガティブな雰囲気が加わる気がするのよね。

これぐらいかな。あと写真は自分で撮ったやつ使いたいとかもあるね。他に強めのこだわりがもうひとつあるけどそれは秘密。