はびより

ミニマリストの日常

美容師のお姉さん

原宿を一人歩いていると、きれいなお姉さんが話しかけてきた。何ごとかと驚いていると「カットさせてくれませんか」とのこと。ほうほう、これがあの練習台とかになるやつか。

お姉さんは「いま、カットやカラーでお悩みなどありませんか?」と聞いてきた。セルフカットしている僕は何と答えたものか。恐縮しながら「僕自分で切ってるんですよね…。美容室行ったことなくて」。

今考えると髪の悩みを聞かれた返事としては的外れの気もするが、悩みは特にない。てか真っ黒髪だからカラーもしてない。

お姉さんは「なるほど!」と明るく返してくれた。

ところでお姉さんの「悩みあります?」は、「髪型にこだわりを持ってそうですよね」だったのか、はたまた「その髪型、悩んでるに決まってるよね?」だったのか。

最近、セルフカットが全然イケてないので後者だった気がする。ちなみに全然切られたい気分ではなかったのでカットは断ったんですけど、家に帰ってきて少し髪切りました。