はびより

ミニマリストの日常

セブンイレブンのもちっとくりぃむみたらし団子が半端ないマズさ

タイトル通りの話で、それ以上でも以下でもありません。ただ驚きは半端ありません。普段このブログでネガティブな話をすることはあまりないのだけど、これ以上被害者を増やさないために、いやむしろここまでマズいと一度食べてほしいとすら思う。

先日、セブンイレブンの『もちっとくりぃむみたらし団子』というものを食べたんですけど、これがまぁびっくりするほどマズくてですね。

ちょっと前に、アイスの雪見大福にみたらし味が出てたじゃないですか。あんな感じかなと思って手に取ったんですよ。アイス部分がクリームになってるみたいな。そしたらもうヒドいありさまで。

まず周りを取り囲む餅の部分。商品名の“もちっと”はどこへやら。「上履きかな?」と思いました。思わずツイートしました。固いというか、ブツブツ切れるというか、なんとも言い表しがたい食感で、ひと言でいうならば「クソマズい」です。タイヤ感がすさまじいです。

続いてクリーム部分。味がしません。甘くありません。最近はやりの「甘すぎなくておいしい」を突き詰めすぎて砂糖を入れ忘れたのでしょうか。そしてすぐ消える系です。「軽い食感のクリームで、口に入れた瞬間に消えてなくなる」なんていう褒め言葉とは似ても似つかないものです。ただただ、食べている感じがしないクリームでした。

そして最後は中心部のみたらし。あまじょっぱい味が魅力なはずのみたらしも、再び味がありません。ゼロ 〜。何を食べているのかわからなくなってきました。

最近セブンで見つけて大のお気に入りとなっていた『どらソフトメープル&あんホイップ』を振り切ってまで買ったのに。

当然、クリームとみたらしの相性などという話になるはずもなく、ただただ悲しさだけが残りました。口の中も、なんだか体に悪い物を食べたような感じで非常にごにょごにょします。

ちなみに『どらソフト』は上のホイップ部分と下の餡部分がちょうど出会う切れ目あたりが半端なくうまいんで、これぜひ食べてください。上から食べて、下から食べて、最後にクリームと餡が両方口に入るように食べると最高です。