はびより

ご飯と写真とコーヒー好きの日常

コーヒーのお供として食べるティラミスにスポンジ部分は必要なのか

コーヒーは言わずもがな、最近特にハマっているのがティラミス作りです。ティラミス好きなんですよ。小さいころの誕生日ケーキは毎年、近所なケーキ屋さんに特別に作ってもらうティラミスのホールケーキでした。

口に入れたときの幸福感といったらもう! コーヒーとの組み合わせも抜群です。

さて、ティラミスはクリーム部分とスポンジ部分からなりますが、このスポンジにはコーヒー(エスプレッソ)が染み込ませてあります。コンビニなんかにあるティラミスを食べるたびに「スポンジで量ごまかしてるなー。クリーム部分だけを思いっきり食べたいなー」と思っていたため、初めて自家製ティラミスを作るときにはクリームだけで作りました。

これはこれでおいしかったものの、その後作ったスポンジ有りティラミスと食べ比べてみると、スポンジがある方がきちんとしたケーキ感があっておいしく感じました。やはり複数の味が絡み合う方がいい感じなのです。

と、ここでひとつ疑問が。

基本的に僕はデザートを食べるときにはコーヒーを飲みます。ティラミスのスポンジにコーヒーを染み込ませてしまうと、飲み物も食べ物もコーヒーになってしまうのです。ケーキだけを食べる、と考えるとスポンジ有りに軍配が上がりますが、コーヒーがお供としてあるならば、当初理想としていたクリームだけティラミスが最善ではないのか。

f:id:herbie14:20190401212535j:plain

 

しかし、「人に食べてもらう」と考えた場合、クリームだけティラミスの「クリームだけ」感に不安が残ります。

ティラミスは特別なものです。スポンジがないとジャンクな感じ出ません? 繊細さも必要です。あとほら、小ぶりなおしゃれな容器に入れるのがいいか、平らなお皿にのせるのがいいかとかも考えますね。ティラミスの悩みはつきません。