はびより

ミニマリストの日常

失敗したっていいじゃない。

先日、『彼女との初デートでのNG』みたいな記事を目にしました。

そのぐらいいじゃんっていうものがたくさんあって、たとえば「デート中に道に迷った」とか「プランを考えてなくてグダグダになった」とかその他にもいろいろ……。いつからデートのハードルがこんなにも高くなったのでしょうか。

ハプニングや失敗を楽しむのがデートでしょう! 好きな人と一緒に道に迷うなんてめちゃくちゃ楽しそうじゃないですか! 雑誌に載ってるような完璧なデートより、よっぽど相手のことが分かっていいなぁと思うのです。

僕は小心者なので待ち合わせにも遅れないしデートプランだって細かく考えてしまうけど、行き当たりばったりなデートにあこがれます。というか本当に好きな人が横にいれば、デートどころか予定なんて何もなくったって構わないですよね。

「テレビの配線をささっとつなげてくれるの良いよね」なんてのも聞くけど、確かに自分のできないことをスマートにやってしまえる男もいいかもしれないけど、お互いに配線なんてちんぷんかんぷんでちっともテレビが見られなくて、それでもあははと笑ってられる関係も面白いじゃないかと。

できなくったって、失敗したって、それをどれだけ楽しめたか、相手が笑ってくれたかが、恋ですよ。

そんな、楽しみ上手な人と一緒にいられたら、幸せだろうなぁと思いました。